--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-30

カヤックフィッシングを安全に楽しむために

カヤックフィッシングを安全に楽しむために

気象・海象について十分理解しているつもりですが

再度、おさらいを兼ねて書いてみました(^.^)

まずは風について

カヤックフィッシングを出来るのは

風速にして5~6mが限界・・・

楽しむなら予報で安定して1~3mでしょうか

もちろん海風か陸風

風の向きにもよりますが自分のスキルでいけないと思ったときは

中止すべきです

また、カヤックの利点として風裏を利用して出艇できるときもありますが

風表の風速によっては風裏に吹きおろしの風がくるときも

あるので地形をよく見て危険な場所には近づかないということも大切です

次に波ですが基本的におおきい周期のうねりよりも

細かいピッチの波のほうが危険をともなうことを頭にいれておきましょう

複雑な地形の海底や海岸による三角波も注意が必要かと

続いて潮流についてですが

最近の真鯛ポイントでは

ターンオーバーによる渦巻や激流が発生しています

これらは特に幅の狭い潮目に発生する確率が高いので

近づかないほうが無難

もしも入ってしまった場合は

流れに対し斜めに脱出するのが安全です

次に霧ですが

穏やかで暖かく凪の日に発生する霧は突風の前触れであることが多いです

沖で浮かんでいるとき遠くから霧の塊が近づいたら

一旦岸に退避しましょう

濃霧にまかれ視界ゼロ

強風で流される・・・

これほど怖いことはないでしょう

その他、雷や突然の豪雨など

突然の気温の変化や風の変化

とにかく違和感を感じたら注意が必要です

海の怖さを十分理解しましょう

カヤックフィッシングは安全を十分確保して楽しむものです

釣りに集中しながらも常に気象海象の変化に注意し少しでも危険を感じたら

中止することが大事です

幸い青森のカヤックフィッシングは無事故ですが

事故を起こせば青森のカヤックフィッシング界の未来にかかわります

楽しいカヤックフィッシングを末永く楽しむために再度勉強しておこうと思います

私もまだまだ初心者です

出来ればみなさんもここに注意したほうがいいよっていうことがあったら教えてくださいね~(^.^)

明日はタンデムでカレイ釣り予定でーす(^^ゞ

なんだかんだ言ってもこんなに楽しいものはないですからね~(^.^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

安全第一!
釣果は二の次(笑)
私も出艇回数は淡水も含めるとゆうに200回は超えていますが、過信せず初心を忘れず楽しんで行きたいと思ってます。

>NOBさん

出艇回数200回を超えてるんですか・・・(^^ゞ
本当、安全第一で楽しんでいきたいものです。
自分は基本ビビりなんですが、これも大事かと(^^ゞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。