2015-02-11

メバリング実録24時(アクション編)

とある1月某日・・・

ビュー・・・バタバタバタ・・・

布団にはいるが風の音で寝付けない・・・

明日もダメか・・・

最近風が強くポイントに入れていない

青森市方面の好釣果が毎日のようにlineから入ってくるが

私のホームである下北は強風の毎日・・・

行きたいな・・・

そんなことを考えながら何時の間にか寝付いていた・・・

翌朝、窓から差し込む朝日に目が覚めた・・・

天気良さそうだな・・

カーテンを開け外を見ると快晴

風も微風である

急いで予報を見ると悪くない・・・

行くか・・

朝のうちに妻に今晩釣りに行くことを告げ

釣りの準備を済ませた

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

午後3時に出発

ポイントまでは一時間半

海の状況を見ながら海岸線の道を進めばポイントである

ポイントに着くと貸切

現在は午後5時

混んでくる7時まではランガンスタイルで付き場を探すのが

私のスタイル

さっそくポイントに入りキャスト開始

ヒュン・・・

ジグヘッドのウェイトは2.5gからスタート

ボトムまで沈め

アクションを入れながら探っていく・・・

思えば昨年まではデッドスローのただ巻きの釣りしかしていなかった

それが今年に入ってある人の一言で全く違う釣りに変わった・・・

・・・・そのある人とは・・・

青森県在住の

プロアングラーでありカヤックフィッシング界のカリスマ的存在であるT氏である

そのT氏とメバルを同行させていただける機会があった

その時の一言が私のメバリングを劇的に変えた

バンバン釣り上げるT氏の脇でただ巻きを繰り返す私

そんな私を見て一言・・・

「ただ巻きでは釣れねぇぞ・・・青森では青森の釣り方がある」

そしてレクチャーしてもらうとバンバン釣れ始めた・・

雑誌等で得た知識は青森では通用しないことを痛感させられた・・・

・・・・・・

ヒュン・・・

ボトムを探りながらランガンしていく

ひとつのポイントを扇型に探り

探っていくと

クンッ・・・

当たった・・・

クン・・・クンククク・・・

あわせると結構トルクフルな引き

抜きあげると25位の良型である

幸先がいい・・・

続けざまに25前後が入れ食い状態になり

あっという間にクーラー満タン

昨年までは2・3匹がやっとだった私が釣り方を変えただけで入れ食い

しばらくするとアタリが遠のいてきたのでジグヘッドを軽くするか

場所を変えるか悩んだ

フー・・・・煙草に火を付け一服・・・

十分釣れたしこのまま移動せずにいろいろ試してみるか・・・

変えてみたのはアクション

いろいろやっているとあるアクションでまた当たり始めた・・・

これだ・・・

そこからまたしばらく釣れ始めた

ワームのチェンジなし・・・ウェイトチェンジなし

アクションひとつで釣りが変わる・・・

面白い・・・

これでワーム&ウェイトのチェンジを付け加えれば・・・

また楽しみが増えたな・・・

そうこうしていると続々と車が入ってくる

メバル狙いの釣り人だろう・・・

充分楽しんだ私はポイントを明け渡し帰路についた・・・

釣りの奥深さは無限だ・・・

そんなことを考えながら・・・

                    続く・・・

20150121_193119_convert_20150211102200.jpg
スポンサーサイト