--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-29

真鯛またまた・・・ (17浮き目)

そろそろ真鯛爆発の予感に

またまた行って来ました(^^ゞ

前日入りしてポイントを確認しに漁港に行くと

Sさんが片づけ中

状況を聞くと、まだ渋いとのこと・・・

それでもグッドサイズをゲットしてました

流石です(^.^)

翌朝はFさんと合流

P5281248.jpg

気合を入れて薄暗い朝一から出艇

P5281254.jpg

しかも殺気出してます(^^ゞ

P5281255.jpg

とりあえず漁港付近まで漕ぎ

これからというところで

遠くから霧が向かってきます

あっという間に霧に包まれそうな予感に

Fさんに「一旦岸に寄りましょう」と叫び

岸に漕ぎます

予想通り霧に包まれ視界がありません

何とか見える岸際を頼りに2メートルの浅場へ

振り返るとFさんが見えません・・・

風も少し吹いてきています

霧とともに突風に襲われた経験がある私は

やばいかな・・・

すぐに妻に電話しラインでFさんに岸に戻ったほうが良いと

連絡を取ってもらい

霧が晴れるのを待ちます

しばらくすると霧が晴れて来ました

でもFさんはどこにいるんだろうと考えながらも

再度、時折ある魚探の反応を探りながら

沖へ向かいます

と、ここでまたしても沖にやばそうな雲の塊が海上を

向かってきます・・・

今度はやばそうです・・・

また、妻に連絡しラインでFさんに連絡をいれてもらい

一旦、戻ることに・・・

岸に戻りしばらく霧が晴れるまで待機

岸に打ち寄せる波も強くなり

Fさんの安否が気になります

待っていてもらちが空かないので

車に乗りこみ海岸沿いを探しますが

見つかりません

霧も晴れてきたので探してくると妻に声をかけ

出艇しようとしたところ

tazawaさんより入電

心配して電話連絡を取ってくれました(^.^)

Fさんは沖で釣りをしているとのこと

しかも真鯛三枚ゲット・・・

ひぇー・・・

あの中で釣りしてたんですか・・・

何はともあれ安心した私は再度アタック

しましたが時合いは過ぎ去ったあと・・・

水草一枚・チビヒラメのバラシで終了

出艇場所から漁港沖を三往復

いや~漕ぎました

A410だからこその移動距離

何キロ漕いだんでしょう・・・

しかしわたくし、真鯛からさけられてるんでしょうか?

それともやがてくるランカーのための試練?

まだまだ負けませんよ~!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。